健診コース

ゆったりと心地よい時間の中で、あなたの健康を見つめてみませんか?

当健診センターでは各種健康診断をご用意致しております。

また多数のオプション検査もございますので、お気軽にご相談ください。

健康診断結果を直接窓口に受け取りに来られる場合を除き、送料をいただいております。
個人情報保護の観点より、受取確認や追跡調査可能な送付方法を利用致します。

下記のご覧になりたいコースをクリックしてください。

  • 生活習慣病予防健診
  • 定期健康診断・雇入時の健康診断
  • 特殊健康診断
  • その他健診
  • 各種検査プラン

生活習慣病予防健診

生活習慣病の早期発見、予防するための健康診断です。

【診断項目一例】
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 診察および自覚症状、他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、BMI、視力の検査
  • 尿検査(糖、蛋白、ウロビリノーゲン、潜血)
  • 聴力検査(1,000Hz 30dB、4,000Hz 40dB)
  • 血圧測定
  • 腹囲測定
  • 心電図検査
  • 胸部エックス線検査
  • 胃部エックス線検査
  • 便検査(2日法)
  • 眼底検査(両眼)
  • 血液検査(項目選択) ※血液検査の項目選択で、定期健康診断を充足します。

定期健康診断・雇入時の健康診断

定期健康診断

労働安全衛生法に基づき、1年以内ごとに一回、定期的に行わなければならない健康診断です。

【診断項目】
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力の検査
  • 聴力検査(1,000Hz 30dB、4,000Hz 40dB)
  • 腹囲測定
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 尿検査(尿中の糖、蛋白)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(TG、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 心電図検査

雇入時の健康診断

労働安全衛生法に基づき、労働者を雇い入れた際に行わなければならない健康診断です。

健診項目の省略はできません。

【診断項目】
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力の検査
  • 聴力検査(1,000Hz 30dB、4,000Hz 30dB)
  • 腹囲測定
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 尿検査(尿中の糖、蛋白)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(TG、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 心電図検査

特殊健康診断

法令による特殊健康診断

項目 特徴
じん肺健康診断 じん肺法施行規則に定められた25種類の粉じん作業のいずれかに常時従事している、または従事したことがある労働者に対して、就業時、定期、定期外、離職時にじん肺健康診断を実施しなければなりません。
有機溶剤健康診断 有機溶剤業務に従事する労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に実施しなければなりません。
【取り扱う指定有機溶剤】
キシレン、トルエン、N・N-ジメチルホルムアミド、ノルマルヘキサンなど
鉛健康診断 鉛業務に従事する労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に実施しなければなりません。
電離放射線健康診断 放射線業務に従事する労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に実施しなければなりません。
特定化学物質健康診断 特定化学物質を取り扱う労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、(ベリリウム及びニッケルカルボニルを取り扱う労働者に対する胸部X線直接撮影による検査は1年以内ごと)定期に実施しなければなりません。 また過去に特定化学物質を取り扱ったことのある労働者で現在雇用している者に対しても6ヶ月以内ごとに1回、実施しなければなりません。

行政指導による特殊健康診断

法律で定められた業務以外にも、健康に影響をおよぼす業務について行政指導で健康診断を実施します。

【対象業務】
  • 赤外線・紫外線にさらされる業務
  • 強烈な騒音を発する場所における業務
  • 砒化水素(アルシン)を取り扱う業務
  • 振動工具を取り扱う業務
  • 引金付工具取り扱う業務
  • VDT作業
  • レーザー業務
  • 塩酸・硫酸・硝酸等(酸類)を取り扱う業務
  • アンモニアを取り扱う業務
  • その他

その他健診

乳がん・子宮がん検診

女性のがん検診です。定期的に受診することで、早期発見につながります。早期治療をおこなうことで治る確率も高くなります。また、子宮内膜症や子宮筋腫などの良性の病気や、卵巣の病気なども発見できます。

特定健康診査

平成20年4月より40~74歳の被保険者および被扶養者を対象とした、メタボリックシンドロームの早期発見、予防に重点をおいた健診です。「特定健診」や「メタボ健診」と言われます。

その他、各種健康診断を実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

オプション検査項目

受診者様の気になる部分をくわしく検査致します。

各種検査プラン

マルチスライスCT検査

X線を使用して身体の断面を撮影する検査。肺がんの発見に有用です。

上部内視鏡検査

一般的に「胃カメラ」と呼ばれているもので、胃がんや潰瘍の診断に有用です。

子宮頸がん検査

医師により細胞を採取し、子宮頸がんの有無についての検査です。

デジタルマンモグラフィー検査

乳房専用のX線検査で、乳がんの発見に有用です。

乳房超音波検査

超音波診断装置を使用し、乳房(主に乳腺)の状態を調べる検査です。

腹部超音波検査

肝臓・胆道・膵臓・脾臓・腎臓のがんの早期発見を主な目的としています。放射線の被曝や苦痛のない検査です。

骨密度検査

骨密度の測定(超音波法)

腫瘍マーカー

がんができると血液や尿に特異的な物質が異常に増えます。その物質を測定し、がんの早期発見、経過や再発について調べる検査です。

肝炎検査

ウイルス性肝炎のうちB型・C型のウイルス感染の有無を調べる検査です。