健診コース

ゆったりと心地よい時間の中で、あなたの健康を見つめてみませんか?

当健診センターでは各種健康診断をご用意致しております。

また多数のオプション検査もございますので、お気軽にご相談ください。

健康診断結果を直接窓口に受け取りに来られる場合を除き、送料をいただいております。
個人情報保護の観点より、受取確認や追跡調査可能な発送方法を利用致します。

下記のご覧になりたいコースをクリックしてください。

  • 生活習慣病予防健診
  • 定期健康診断・雇入時の健康診断
  • 特殊健康診断
  • その他健診
  • 各種検査プラン

・健康診断結果の見方につきましては、こちらをご覧ください

生活習慣病予防健診

生活習慣病の早期発見、予防するための健康診断です。

(1)生活習慣病健康診断A
  • 既往歴及び業務歴の調査
  • 医師による診察及び自覚症状、他覚症状等の調査
  • 身長、体重、肥満度(BMI)、視力、腹囲
  • 聴力 (オージオメータ使用1000Hz・4000Hzの検査)
  • 胸部X線検査
  • 血圧測定
  • 貧血・多血(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
  • 白血球(白血球数)
  • 血小板(血小板数)
  • 肝機能検査 (GOT、GPT、γ-GTP、ALP、Alb、T-Bil、HBs抗原)
  • 脂質検査 (T-ch、LDL-ch、HDL-ch、TG)
  • 腎機能検査 (尿素窒素、クレアチニン、尿蛋白、尿潜血)
  • 痛風検査 (尿酸)
  • 糖代謝検査 (空腹時血糖、ヘモグロビンA1C、尿糖)
  • その他 (総蛋白)
  • 心電図検査 (安静時12誘導)
  • 便検査 (便潜血反応2日法)
  • 胃部X線検査


(2)生活習慣病健康診断B
  • 既往歴及び業務歴の調査
  • 医師による診察及び自覚症状・他覚症状等の調査
  • 身長、体重、肥満度(BMI)、視力、腹囲
  • 聴力 (オージオメータ使用1000Hz・4000Hzの検査)
  • 胸部X線検査
  • 血圧測定
  • 貧血・多血(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
  • 白血球(白血球数)
  • 血小板(血小板数)
  • 肝機能検査 (GOT、GPT、γ-GTP、ALP、Alb、T-Bil、HBs抗原)
  • 脂質検査 (T-ch、LDL-ch、HDL-ch、TG)
  • 腎機能検査 (尿素窒素、クレアチニン、尿蛋白、尿潜血)
  • 痛風検査 (尿酸)
  • 糖代謝検査 (空腹時血糖、ヘモグロビンA1C、尿糖)
  • その他 (総蛋白)
  • 心電図検査 (安静時12誘導)
  • 便検査 (便潜血反応2日法)

定期健康診断・雇入時の健康診断

定期健康診断

労働安全衛生法に基づき、1年以内ごとに一回、定期的に行わなければならない健康診断です。

【診断項目】
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力の検査
  • 聴力検査(1,000Hz 30dB、4,000Hz 40dB)
  • 腹囲測定
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 尿検査(尿中の糖、蛋白)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(TG、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 心電図検査

雇入時の健康診断

労働安全衛生法に基づき、労働者を雇い入れた際に行わなければならない健康診断です。

健診項目の省略はできません。

【診断項目】
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力の検査
  • 聴力検査(1,000Hz 30dB、4,000Hz 30dB)
  • 腹囲測定
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 尿検査(尿中の糖、蛋白)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(TG、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 心電図検査

特殊健康診断

法令による特殊健康診断

項目 特徴
じん肺健康診断 じん肺法施行規則に定められた25種類の粉じん作業のいずれかに常時従事している、または従事したことがある労働者に対して、就業時、定期、定期外、離職時にじん肺健康診断を実施しなければなりません。
有機溶剤健康診断 有機溶剤業務に従事する労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に実施しなければなりません。
【取り扱う指定有機溶剤】
キシレン、トルエン、N・N-ジメチルホルムアミド、ノルマルヘキサンなど
鉛健康診断 鉛業務に従事する労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に実施しなければなりません。
電離放射線健康診断 放射線業務に従事する労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に実施しなければなりません。
特定化学物質健康診断 特定化学物質を取り扱う労働者に対して、雇い入れ時、当該業務へ配置の際およびその後6ヶ月以内ごとに1回、(ベリリウム及びニッケルカルボニルを取り扱う労働者に対する胸部X線直接撮影による検査は1年以内ごと)定期に実施しなければなりません。 また過去に特定化学物質を取り扱ったことのある労働者で現在雇用している者に対しても6ヶ月以内ごとに1回、実施しなければなりません。

行政指導による特殊健康診断

法律で定められた業務以外にも、健康に影響をおよぼす業務について行政指導で健康診断を実施します。

【対象業務】
  • 赤外線・紫外線にさらされる業務
  • 強烈な騒音を発する場所における業務
  • 砒化水素(アルシン)を取り扱う業務
  • 振動工具を取り扱う業務
  • 引金付工具取り扱う業務
  • VDT作業
  • レーザー業務
  • 塩酸・硫酸・硝酸等(酸類)を取り扱う業務
  • アンモニアを取り扱う業務
  • その他

その他健診

特定健康診査

平成20年4月より40~74歳の被保険者および被扶養者を対象とした、メタボリックシンドロームの早期発見、予防に重点をおいた健診です。「特定健診」や「メタボ健診」と言われます。

特定業務従事者の健康診断

下記一覧に示した深夜業などの特定業務に従事する労働者に対しては、当該業務への配置換えの際及び6月以内ごとに1回、定期的に、定期健康診断と同じ項目の健康診断を行わなければなりません。ただし、胸部X線検査については、1年以内ごとに1回、定期に行えば足りることとされています。

【特定業務一覧(労働安全衛生規則13条 第1項第2号に掲げる業務)】
  • 多量の高熱物体を取り扱う業務および著しく暑熱な場所に置ける業務
  • 多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務
  • ラジウム放射線、X線その他の有害放射線にさらされる業務
  • 土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務
  • 異常気圧下における業務
  • さく岩機、鋲打機等の使用によって、身体に著しい振動を与える業務
  • 重量物の取り扱い等重激な業務
  • ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務
  • 坑内における業務
  • 深夜業を含む業務
  • 水銀、砒素、黄りん、弗化水素酸、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、か性アルカリ、石炭酸その他これらに準ずる有害物を取り扱う業務
  • 鉛、水銀、クロム、砒素、黄りん、弗化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭酸、青酸、ベンゼン、アニリンその他これらに準ずる有害物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務
  • 病原体によって汚染のおそれが著しい業務
  • その他厚生労働大臣が定める業務

深夜業従事者の自発的健康診断(労働安全衛生法66条の2)

深夜業に従事する労働者であって、自己の健康に不安を有する者が、自らの判断で受診した健康診断の結果を事業者に提出した場合に、事業者が事後措置等を講ずることを義務付けるものです。

  • 自発的健康診断の項目は、定期健康診断と同じ項目です。
  • 自発的健康診断の結果を事業者に提出することができる労働者は、常時使用される労働者であって当該健康診断を受けた日以前6ヶ月間を平均して1月当たり4回以上深夜業に従事した方です。
  • 健康診断の結果を証明する書面を当該健康診断を受けた日3ヶ月以内に事業者に提出しなければなりません。
  • なお、自発的健康診断の結果を提出できる労働者は、特定業務従事者の健康診断対象となります。

海外派遣労働者の健康診断(労働安全衛生法45条の2)

労働者を6月以上海外に派遣しようとするときは、あらかじめ次の項目の健康診断を行わなければなりません。また、6月以上海外勤務した労働者を帰国させ、国内の業務に就かせるときも、健康診断を行わなければなりません。

【必ず実施すべき項目】
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定
  • 胸部エックス線検査およびかくたん検査
  • 血圧の測定
  • 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
  • 血糖検査
  • 心電図検査
【医師が必要と判断したときに実施しなければならない項目】
  • 腹部画像検査(胃部エックス線検査、腹部超音波検査)
  • 血中の尿酸の量の検査
  • B型肝炎ウイルス抗体検査
  • ABO式およびRh式の血液型検査(派遣前に限る)
  • 糞便塗抹検査(帰国時に限る)
※医師が必要でないと認める場合に省略できる健康診断項目
  • 身長:20歳以上の場合
  • かくたん検査:胸部エックス線検査で所見のない場合

給食従業員の検便(労働安全衛生規則47条)

事業場所属の食堂又は炊事場における給食の業務に従事する労働者に対しては、雇入れの際又は配置換えの際に、検便を行わなければなりません。

労災保険の二次健康診断等給付について(労働者災害補償保険法第26条)

労働安全衛生法の規程による定期健康診断等のうち直近のもの(以下「一次健康診断」といいます。)の結果、業務上の事由による脳・心臓疾患の発生に関連する下記①のすべての検査項目について、異常の所見があると診断された労働者(労災保険に特別加入している方及び既に脳血管疾患又は心臓疾患の症状を有している方を除きます。)は、二次健康診断として下記の②の項目について検査を受けることができます。また、特定保健指導として、二次健康診断1回につき1回、下記③の指導を医師等から受けることができます(二次健康診断の結果、脳・心臓疾患の症状を有していると診断された場合は受けることができません。)。いずれの場合もその費用については労災保険から支払われます。 なお、二次健康診断の結果が事業所に提出された場合には、事業者は意思からの意見聴取と必要に応じた事後措置を行わなければなりません。

  • 血圧の測定
  • 血中脂質の検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール又は血清トリグリセライドの量の検査)
  • 血糖検査
  • BMIの測定
  • 空腹時血中脂質検査/血中脂質の検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール又は血清トリグリセライドの量の検査)
  • 空腹時血糖値検査(空腹時の血中グルコースの量の検査)
  • ヘモグロビンA1c検査(①で行った場合を除きます。)
  • 負荷心電図検査又は胸部超音波検査(心エコー検査)
  • 頚部超音波検査(頚部エコー検査)
  • 微量アルブミン尿検査(一次健康診断における尿中の蛋白の有無の検査において擬陽性(±)又は弱陽性(+)の所見があると診断された場合に限ります。)
  • 栄養指導(適切なカロリー摂取等、食生活上の指針を示す指導)
  • 運動指導(必要な運動視診を示す指導)
  • 生活指導(飲酒、喫煙、睡眠等の生活習慣に関する指導)

 

オプション検査項目

受診者様の気になる部分をくわしく検査致します。

各種検査プラン

マルチスライスCT検査

X線を使用して身体の断面を撮影する検査。肺がんの発見に有用です。

上部内視鏡検査

一般的に「胃カメラ」と呼ばれているもので、胃がんや潰瘍の診断に有用です。

子宮頸がん検査

医師により細胞を採取し、子宮頸がんの有無についての検査です。

デジタルマンモグラフィー検査

乳房専用のX線検査で、乳がんの発見に有用です。

乳房超音波検査

超音波診断装置を使用し、乳房(主に乳腺)の状態を調べる検査です。

腹部超音波検査

肝臓・胆道・膵臓・脾臓・腎臓のがんの早期発見を主な目的としています。放射線の被曝や苦痛のない検査です。

骨密度検査

骨密度の測定(超音波法)

腫瘍マーカー

がんができると血液や尿に特異的な物質が異常に増えます。その物質を測定し、がんの早期発見、経過や再発について調べる検査です。

肝炎検査

ウイルス性肝炎のうちB型・C型のウイルス感染の有無を調べる検査です。